自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談

第三者請求

消費者金融の借金は日常家事債務に当たらないとの判例も出ていることから、保証人になっていない限り、本人以外が支払う必要はありません。
貸金業規制法21条で禁止されている第三者請求とは、返済義務の無い第三者(主に両親や兄弟など)に対し、行うことをいいます。
これが、債務者の代理として自ら進んで返済した場合は、代理弁済となり、第三者請求にあたりませんので有効となります。
金融業者は、債務者の身内などに請求はしませんが、進んで払ってもらえるよう接触してきます。

自分以外の借金については、一切払わないことが重要です。


▲ページの上へ戻る