自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談
自己破産・債務整理ガイドHOME > 特集! ヤミ金融 > ヤミ金融の実態『金利・手数料』
闇金被害対応の専門家

ヤミ金融の実態 金利・手数料

ヤミ金融の特徴として最も分かりやすいものに、金利があります。
最近はヤミ金融も警察の取り締まり強化などの効果も多少あり、一般に手広く業務のしにくい状況が生まれています。
そのため、可能な限りリスクを軽減し取れるところから収益を上げるという体制をとるところが多くなっています。

金利においてもその傾向が顕著に現れ、一昔前はトイチといい、『10日で1割の金利』が主流だったのに対し、現在ではトゴ・シュウサン・ゴサンなど通常では考えられない金利を要求するヤミ金融が増えてきました。

手数料について、本来、現金に手数料を含むことは法律で認めていませんが、闇金融は元金より手数料分を差し引いて融資金額として渡します。
ですから、元金と融資金額に差異があるのがヤミ金融の特徴となります。
この手数料においても、上記の金利と同じように異常な金額が高騰する傾向にあります。

元々はヤミ金融のいう元金の一割を手数料として差し引くのが主流でしたが、最近では3割程度を差し引く業者が多くなっています。
中には融資をせず「返済能力を確かめる」「審査するための代金」等の名目で一切融資を行わず回収のみを行う業者も増えてきています。
そのような業者にキャンセルを申し出ると「キャンセル料金」などを請求され嫌がらせを受けるなどの被害も多発しています。

このようなヤミ金融業者に対して個人で対峙するのは非常に危険を伴います。
被害にあっている人・被害にあったかな?と思った人は、一刻も早くヤミ金融被害の専門家に相談することをお勧めします。
闇金被害対応の専門家
▲ページの上へ戻る