自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談
自己破産・債務整理ガイドHOME > 債務整理 用語集 > 裁量免責事由 (さいりょうめんせきじゆう)

裁量免責事由 (さいりょうめんせきじゆう)


免責不許可事由がある場合でも、例外的に免責が許可される場合があります。裁判所が破産者の誠実性や免責不許可事由の程度を斟酌して許可を相当と考える時は免責を許可するという制度で、一般的には「裁量免責」と呼ばれています。 裁量免責をするべきかどうかが問題となる場合、免責調査型の管財手続きに付されることになります。この手続きでは、破産管財人が、破産者の経済的な更生に対する意欲や破産手続きに対する誠実な協力の有無等の事情から、裁量免責をすることが相当か否か見極めます。そして、裁判所は破産管財人の意見に基づいて裁量免責の可否を決定します。

頭文字から用語を探す

あ行| か行| さ行| た行| な行| は行| ま行| や行| ら行| わ行


▲ページの上へ戻る